HTC EVO WiMAX ISW11HT 試用感

日本初WiMAX 対応の Android 搭載スマートフォン「HTC EVO WiMAX ISW11HT」の販売が4/15日開始されました。

早速、デモ機を借りて試用中です。昨年、IS01とDATA01を買ったばかりですが、無線LAN 対応機器を最大8台まで接続できる「Wi-Fi テザリング」機能を搭載し、無線 LAN ルーターとしても利用できるので、DATA01を解約してHTC EVOを購入しようかと考えています。

IS01は、今までも殆どSIMを挿さないでWi-Fiでネット接続していますし。DATA01を利用してノートパソコンを無線ルーターにしようかとも考えていましたが、その場合ノートパソコンを持ち歩かないといけないので、実用的では無いな、と思っていた矢先、HTC EVOの発表があり、発売を待っていました。調べると、アメリカでは3Dカメラ付きの新型HTC EVOが発表されている様ですが、待っていれば次から次へと新製品が発表されるので、キリがありませんね(^^;;

使ってみて、先ず困るのはガラパゴス携帯ではないので、Eメール・Cメール(受信のみ)・ワンセグ・お財布携帯などが使えません。PCメールは複数アカウント設定が出来る様です。(メール自動受信間隔は最小1分間)(EメールとCメールについては、今後のバージョンアップで対応の可能性があります)

まだ現時点ではWiMAXエリアが全国的には広がっておらず、私の自宅ではアンテナが立たない時もあります。しかし、次第に広がってゆくでしょう。

また、SIMが完全に内蔵式で、SIMロック解除して複数の機種で使うという事はできません。

IS01と比較して、動作のレスポンスも良く、WiMAXエリアではサイト閲覧の速度も充分にあります。

ワンセグやお財布等の機能が必要無ければ、便利な機械だと思います。

追伸:WiMaxやWi-Fiを使っていると、バッテリーの消費が速いので、予備バッテリーを携帯するか、社外品ですが、大容量バッテリー+専用カバーに交換する必要がありそうです。